今年こそ水虫を撃退!対策とおすすめグッズ

水虫は白癬菌が原因で起こります。水虫はありふれた病気で、日常生活で水虫に感染する機会がたくさんあり、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?当サイトでは、水虫対策や対策グッズを紹介しますので、是非参考にして今年こそは水虫を治しましょう!

角質増殖型で爪水虫も発症しやすい?

水虫といえば足の裏がジュクジュクとし、痒みが出るというイメージが強い皮膚病です。
白癬菌というカビの1種が、角質層に感染する事で起こります。

感染してしまうと自然に治るのは難しく、また自分だけでなく他人にも白癬菌を移してしまう事もある為、早めに治療を受けましょう。

ただ、水虫の中には痒みなどが無く、感染している事に気づきにくい種類があるので、その点は注意が必要です。
足の裏がカサカサとし角質が厚くなると、乾燥や角質が溜まったのかなと思いがちです。
ですが、このような症状が水虫によって発症する場合あります。

角質増殖型と呼ばれるもので、かかと、また足の裏全体に広がるのが特徴です。
かかと・足の裏の角質が厚くなり、皮膚が剥がれ落ちやすくなります。
痒みなどの自覚症状はほとんど無い為、水虫と気づかずそのまま放置してしまうケースが多く、家族などにも移してしまいやすいと言われています。

角質増殖型は高齢者に多く見受けられる為、ただの乾燥と考えてしまうようです。
治療を行っても治りが遅い水虫で、根気よく治療を続ける事が必要となります。

また、角質増殖型は爪にも白癬菌が感染しやすく、俗に言われる爪水虫を合併しやすいと言われています。
爪水虫は爪が厚くなり色が濁ってくる、爪がポロポロと剥がれる、爪の周りに炎症が起こるといった症状を引き起こすのが特徴です。

爪は外用薬が中まで浸透しないので、内服薬での治療でしか回復できません。
また、角質増殖型以上に治るまでに、時間がかかってしまう場合がほとんどです。

水虫はすぐに治る病気ではありません。
ですので、足の裏や爪に異変を感じたら、すぐに皮膚科を受診して白癬菌が感染していないか、チェックしましょう。