花粉症の症状と薬のメカニズム

花粉症の原因は過剰な免疫反応

花粉症対策をする前に、炎症やくしゃみ、鼻づまりといった症状が起こるメカニズムを知りましょう。

空気中に飛散した花粉は、目や鼻の粘膜に付着します。花粉そのものは、人体に害はありません。しかし、免疫細胞が花粉を有害と判断し、排除しようとするために、アレルギー症状が起こってしまうことがあるのです。

粘膜に花粉が付着すると、免疫をつかさどるマスト(肥満)細胞がそれを検知します。そして「ヒスタミン」「ロイコトリエン」などの神経伝達物質が大量に放出されます。

人間の身体には、ヒスタミンを検知するアンテナ(受容体)があります。受容体がヒスタミンに反応すると、血管が拡張して炎症が起こったり、免疫細胞が花粉を攻撃したりします。免疫細胞が花粉を攻撃すると、人間の細胞も攻撃に巻き込まれ、ダメージを受けてしまいます。その結果、身体に症状があらわれるのです。

つまり、花粉症の症状がでるのは、免疫系が過剰に反応し、ヒスタミンなどの神経伝達物質が大量に出るためなのです。

受容体がヒスタミンに反応するのを防げば、症状を抑えることができます。

クラリチンという飲み薬は、受容体がヒスタミンを検知するのを防ぐ働きがあり、花粉症の症状を抑えるのに効果を発揮します。

花粉症の治療薬はヒスタミンの働きを抑える

花粉症は、免疫系が、人体に無害なはずの花粉を外的と誤認し、過剰に攻撃してしまうことで起こります。炎症やくしゃみ、鼻水、微熱といった症状の原因は、花粉ではなく、「花粉に過剰に反応した免疫」、ということになります。

花粉症の治療には、消炎剤で炎症を抑えるか、抗ヒスタミン薬剤を使い、ヒスタミン受容体の働きを阻害するのが効果的です。

ドラッグストアなどで販売されている市販薬の多くは、炎症を抑えることで症状を緩和させます。これに対し、耳鼻科などで処方される医薬品(抗ヒスタミン薬)は、ヒスタミンの働きを阻害することで症状を抑えます。

抗ヒスタミン薬のクラリチンは市販されており、ドラッグストアなどで誰でも購入可能です。医療用の抗ヒスタミン薬と同じ有効成分の「ロラタジン」が含まれています。消炎剤よりも高い効果を発揮します。

ロラタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、第一世代の薬と比べて、服用後に眠くなりにくいのが特長です。

クラリチンの飲み方、値段について解説!

花粉症の治療薬「クラリチン」は服用方法をよく守って飲みましょう。用法、用量を守れば、副作用のリスクを下げられます。

成人の場合、1回1錠(有効成分10mg分)を、1日1回、食後に服用します。1回あたりに服用するのは1錠です。飲み忘れた場合でも、1度に2錠飲んではいけません。

服用を始めるタイミングは、花粉症を発症している最中か、症状が出るのが予想される少し前の時期です。実際に発症する前から服用を始めると効果的です。

クラリチンを飲んでも効果が見られない場合は、服用をいったん中止しましょう。漫然と長期間飲み続けてはいけません。

クラリチンの副作用として、眠気、倦怠感、腹痛、口渇、吐き気、嘔吐、発疹、便秘などが挙げられます。強い眠気を感じることもあるので、服用期間中は自動車の運転や危険の伴う作業は控えましょう。

重い副作用が出た場合は、医師や薬剤師と相談し、別の方法で治療をする必要があります。

クラリチンは副作用が少ない薬です。しかし、風邪薬など、他の抗ヒスタミン薬と一緒に飲むと、肝臓に負担がかったり、強い副作用が起こったりするので注意しましょう。

アルコール飲料を飲んだあとにクラリチンを服用しても問題ありません。しかし、アルコールは、花粉症の症状そのものを悪化させる可能性があるので、避けたほうがよいでしょう。

クラリチンは1錠およそ80円!市販薬は少し割高

クラリチンの価格は、病院で診察を受けて処方される場合、1錠あたり77.6円(2018年現在)です。

9回分が処方されると、合計でおよそ700円です。健康保険で費用の7割分が引かれるので、自己負担額は210円になります。医療機関で処方してもらう場合、薬代とは別に診察料がかかります。

クラリチンを通販サイトで個人輸入する場合、サイトによっては1箱20錠入りが送料込みで1500円となります。1錠あたり80円程度で、病院で処方される場合とほとんど変わりません。ただし、病院と違って保険が適用されず、全額自己負担となります。

ドラッグストアなどで、クラリチンと同じ有効成分が含まれる薬が販売されています。価格の1例をあげると、1箱10錠入りの商品が、メーカ-希望小売価格1980円(1錠あたり200円)です。

市販薬は、処方や個人輸入に比べて割高です。花粉症の治療のためにクラリチンを購入する場合、病院で処方してもらうか、ネット通販で海外から個人輸入するのがお得です。