月別: 2018年12月

23 12月

花粉症の治療薬「クラリチン」の費用を抑える方法

ジェネリック医薬品を処方してもらう

花粉症で苦しんでいる人にとって、薬は欠かせません。

花粉症の治療でよく使われる薬がクラリチンです。クラリチンはジェネリック医薬品が作られており、それを使えば、治療にかかる費用を抑えることができます。

クラリチンは、花粉が飛んでいる期間中、服用し続ける必要があります。服用期間が長い分、薬代は高額になってしまいます。クラリチンのジェネリック医薬品は、クラリチンと同じ効果を持ちながら、1錠あたりの価格がより安価です。また、添加物や色、形は異なり、クラリチンよりも飲みやすく加工されています。

病院でクラリチンを処方してもらう際、医師か薬剤師に申し出れば、ジェネリック医薬品に切り替えてもらえます。費用を抑えたい人は、ジェネリック医薬品にしてみましょう。

個人輸入で薬をストックしておけば薬代の節約にもなる

花粉症によるくしゃみや鼻水、目のかゆみを抑えるためには、薬が必要です。

花粉症の薬は、発症前、または発症してすぐに飲み始めることで効果を発揮します。発症してから病院で薬をもらおうとすると、治療が遅れる可能性があります。心配な人は、個人輸入を利用して薬をストックしておくとよいでしょう。

個人輸入の代行サイトを利用すれば、通販感覚で花粉症の薬を購入できます。多くの代行サイトでは、まとめ買いすることで割引が適用されます。花粉症の治療薬は、花粉が飛散している間、服用し続ける必要があります。まとめ買いしておけば、何度も買いに行く必要がなく、しかも費用も抑えられるのです。

3 12月

花粉症の仕組みと治療薬「クラリチン」について解説

花粉症を完治させる方法は確立されてない

花粉症は、身体の免疫反応によって引き起こされます。根本的な治療法が確立されておらず、完治はしないといわれています。

体内にアレルギー物質が侵入し、排除が必要だと身体が判断した場合、IdE抗体が作られます。IgE抗体が一度作られると、アレルギー物質が体内に入るたびに、アレルギー症状が起こるようになってしまうのです。

花粉症が完治したと思ったのに再発した、というケースがあります。これは、実際には完治したのではなく、花粉の量が少なくて抗体が反応せず、症状が出なかっただけだと考えられます。

一般的な抗アレルギー薬は、体内のアレルギー反応を弱めることで、症状を和らげる効果があります。花粉症そのものを治す効果はありません。

クラリチンは、抗ヒスタミン薬の1種で、日本では近年に一般医薬品として販売されるようになりました。第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。1日1回の服用でよくて、眠気が起こりにくいのが特長です。

花粉の飛ぶ時期は薬を飲み続ける

花粉症を完治させるのは困難です。しかし、治療薬を使えば発症を抑えることが可能です。

クラリチンをはじめとした花粉症の治療薬は、花粉が飛散している時期に服用します。花粉によるアレルギー反応を抑えることで、症状が出るのを抑える効果があります。花粉の飛散が止まるまでの間、薬の服用を続ければ、症状に悩まされることもないでしょう。

花粉症の治療薬は、他の薬との飲み合わせや、体質によっては身体に悪影響を及ぼす場合があります。そのため、医師や薬剤師に相談して使うのがベストです。

クラリチンはドラッグストアで市販されていますが、要指導医薬品とされています。そのため、購入の際は店頭の薬剤師と相談することになります。

毎年花粉症に悩まされている人は、花粉が飛ぶ時期を見計らって薬を飲み始めるとよいでしょう。

3 12月

花粉症の仕組みと治療薬「クラリチン」について解説

花粉症を完治させる方法は確立されてない

花粉症は、身体の免疫反応によって引き起こされます。根本的な治療法が確立されておらず、完治はしないといわれています。

体内にアレルギー物質が侵入し、排除が必要だと身体が判断した場合、IdE抗体が作られます。IgE抗体が一度作られると、アレルギー物質が体内に入るたびに、アレルギー症状が起こるようになってしまうのです。

花粉症が完治したと思ったのに再発した、というケースがあります。これは、実際には完治したのではなく、花粉の量が少なくて抗体が反応せず、症状が出なかっただけだと考えられます。

一般的な抗アレルギー薬は、体内のアレルギー反応を弱めることで、症状を和らげる効果があります。花粉症そのものを治す効果はありません。

クラリチンは、抗ヒスタミン薬の1種で、日本では近年に一般医薬品として販売されるようになりました。第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。1日1回の服用でよくて、眠気が起こりにくいのが特長です。

花粉の飛ぶ時期は薬を飲み続ける

花粉症を完治させるのは困難です。しかし、治療薬を使えば発症を抑えることが可能です。

クラリチンをはじめとした花粉症の治療薬は、花粉が飛散している時期に服用します。花粉によるアレルギー反応を抑えることで、症状が出るのを抑える効果があります。花粉の飛散が止まるまでの間、薬の服用を続ければ、症状に悩まされることもないでしょう。

花粉症の治療薬は、他の薬との飲み合わせや、体質によっては身体に悪影響を及ぼす場合があります。そのため、医師や薬剤師に相談して使うのがベストです。

クラリチンはドラッグストアで市販されていますが、要指導医薬品とされています。そのため、購入の際は店頭の薬剤師と相談することになります。

毎年花粉症に悩まされている人は、花粉が飛ぶ時期を見計らって薬を飲み始めるとよいでしょう。