月別: 2019年1月

12 1月

花粉症の治療薬は目的に合わせて使い分ける

症状が出たら抗ヒスタミン薬

花粉症の治療薬は様々な種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。

花粉症の治療薬として挙げられるのが、抗ヒスタミン薬の1種であるクラリチンです。花粉症をはじめとした、アレルギー症状を抑える薬で、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状を和らげる効果があります。

クラリチンを飲むと、副作用として眠くなりやすくなります。そのため、自動車の運転や危険を伴う機械の作業を行う前は飲まないように注意しましょう。添付文書の「使用上の注意」という欄に、クラリチンを飲むうえで注意すべきことが書かれています。服用の際は、使用上の注意をよく読み、安全に使いましょう。

花粉症の予防には抗アレルギー薬

抗ヒスタミン薬の他に、花粉症の治療薬として挙げられるのが、抗アレルギー薬です。第2世代の抗ヒスタミン薬が、抗アレルギー薬と呼ばれます。抗アレルギー薬は、抗ヒスタミン薬に比べて予防に有効なのが特徴です。

花粉症になる前にあらかじめ服用しておくことで、発症そのものを抑えたり、症状を緩和させたりするのが特徴です。花粉が飛ぶ2週間から3週間前に服用を始めるとよいでしょう。抗アレルギー薬は、眠気が起こりにくく、自動車の運転前に服用しても問題ありません。

抗アレルギー薬は予防に有効な反面、抗ヒスタミン薬に比べると即効性がありません。そのため、服用してもすぐに効果を感じられるわけではありません。花粉症になってしまったら抗ヒスタミン薬を、花粉症になるのを防ぐためには抗アレルギー薬を選ぶとよいでしょう。

12 1月

花粉症の治療薬は目的に合わせて使い分ける

症状が出たら抗ヒスタミン薬

花粉症の治療薬は様々な種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。

花粉症の治療薬として挙げられるのが、抗ヒスタミン薬の1種であるクラリチンです。花粉症をはじめとした、アレルギー症状を抑える薬で、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状を和らげる効果があります。

クラリチンを飲むと、副作用として眠くなりやすくなります。そのため、自動車の運転や危険を伴う機械の作業を行う前は飲まないように注意しましょう。添付文書の「使用上の注意」という欄に、クラリチンを飲むうえで注意すべきことが書かれています。服用の際は、使用上の注意をよく読み、安全に使いましょう。

花粉症の予防には抗アレルギー薬

抗ヒスタミン薬の他に、花粉症の治療薬として挙げられるのが、抗アレルギー薬です。第2世代の抗ヒスタミン薬が、抗アレルギー薬と呼ばれます。抗アレルギー薬は、抗ヒスタミン薬に比べて予防に有効なのが特徴です。

花粉症になる前にあらかじめ服用しておくことで、発症そのものを抑えたり、症状を緩和させたりするのが特徴です。花粉が飛ぶ2週間から3週間前に服用を始めるとよいでしょう。抗アレルギー薬は、眠気が起こりにくく、自動車の運転前に服用しても問題ありません。

抗アレルギー薬は予防に有効な反面、抗ヒスタミン薬に比べると即効性がありません。そのため、服用してもすぐに効果を感じられるわけではありません。花粉症になってしまったら抗ヒスタミン薬を、花粉症になるのを防ぐためには抗アレルギー薬を選ぶとよいでしょう。