作者別: ホリー

3 12月

花粉症の仕組みと治療薬「クラリチン」について解説

花粉症を完治させる方法は確立されてない

花粉症は、身体の免疫反応によって引き起こされます。根本的な治療法が確立されておらず、完治はしないといわれています。

体内にアレルギー物質が侵入し、排除が必要だと身体が判断した場合、IdE抗体が作られます。IgE抗体が一度作られると、アレルギー物質が体内に入るたびに、アレルギー症状が起こるようになってしまうのです。

花粉症が完治したと思ったのに再発した、というケースがあります。これは、実際には完治したのではなく、花粉の量が少なくて抗体が反応せず、症状が出なかっただけだと考えられます。

一般的な抗アレルギー薬は、体内のアレルギー反応を弱めることで、症状を和らげる効果があります。花粉症そのものを治す効果はありません。

クラリチンは、抗ヒスタミン薬の1種で、日本では近年に一般医薬品として販売されるようになりました。第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。1日1回の服用でよくて、眠気が起こりにくいのが特長です。

花粉の飛ぶ時期は薬を飲み続ける

花粉症を完治させるのは困難です。しかし、治療薬を使えば発症を抑えることが可能です。

クラリチンをはじめとした花粉症の治療薬は、花粉が飛散している時期に服用します。花粉によるアレルギー反応を抑えることで、症状が出るのを抑える効果があります。花粉の飛散が止まるまでの間、薬の服用を続ければ、症状に悩まされることもないでしょう。

花粉症の治療薬は、他の薬との飲み合わせや、体質によっては身体に悪影響を及ぼす場合があります。そのため、医師や薬剤師に相談して使うのがベストです。

クラリチンはドラッグストアで市販されていますが、要指導医薬品とされています。そのため、購入の際は店頭の薬剤師と相談することになります。

毎年花粉症に悩まされている人は、花粉が飛ぶ時期を見計らって薬を飲み始めるとよいでしょう。

13 11月

クラリチンの副作用

クラリチンを飲むと眠気が起こることも

クラリチンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、有効成分としてロラタジンが含まれています。

第1世代の抗ヒスタミン薬(ポララミン)は疎水性で、副作用として強い眠気を引き起こすというデメリットがあります。ロラタジンは、この問題を解決するために作られた親水性の成分です。

第1世代の抗ヒスタミン薬であるポララミンほどではありませんが、クラリチンを飲んで眠気を催すことがあります。人によっては強い眠気を催すことがあるので、服用直後に自動車を運転したり、危険を伴う作業に従事したりするのは避けましょう。

他の副作用として、倦怠感、めまい、頭痛、喉や鼻の渇き、口内炎、下痢や便秘が挙げられます。

ほとんどの人は軽い症状で済みますが、ごくまれに重い症状が起こる可能性もあるので注意しましょう。重篤な副作用として挙げられるのは、機能障害や黄疸、アナフィラキシー、チアノーゼ、呼吸困難、てんかん発作、痙攣などです。クラリチンを飲んで身体に異変を感じたら、医師の診察を受けましょう。

抗生物質や胃薬、風邪薬との飲み合わせに注意!

クラリチンは、一部の医薬品と一緒に飲むと相互作用を起こすので注意しましょう。

飲み合わせに注意が必要な薬として、マクロライド系抗生物質のエリスロマイシンがあります。感染症の治療に用いられる抗菌薬で、細菌感染が原因で起こる呼吸器や皮膚などの炎症を治療するときにに使われます。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、食道炎などの治療に用いられるシメチジンも注意が必要です。シメチジンには、クラリチンと同じく抗ヒスタミン剤が含まれています。一部の風邪薬にも抗ヒスタミン剤が含まれています。

これらの薬を一緒に飲むと、ロラタジンの作用が強く効きすぎてしまい、重い副作用が起こる可能性があるのです。

13 11月

クラリチンの副作用

クラリチンを飲むと眠気が起こることも

クラリチンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、有効成分としてロラタジンが含まれています。

第1世代の抗ヒスタミン薬(ポララミン)は疎水性で、副作用として強い眠気を引き起こすというデメリットがあります。ロラタジンは、この問題を解決するために作られた親水性の成分です。

第1世代の抗ヒスタミン薬であるポララミンほどではありませんが、クラリチンを飲んで眠気を催すことがあります。人によっては強い眠気を催すことがあるので、服用直後に自動車を運転したり、危険を伴う作業に従事したりするのは避けましょう。

他の副作用として、倦怠感、めまい、頭痛、喉や鼻の渇き、口内炎、下痢や便秘が挙げられます。

ほとんどの人は軽い症状で済みますが、ごくまれに重い症状が起こる可能性もあるので注意しましょう。重篤な副作用として挙げられるのは、機能障害や黄疸、アナフィラキシー、チアノーゼ、呼吸困難、てんかん発作、痙攣などです。クラリチンを飲んで身体に異変を感じたら、医師の診察を受けましょう。

抗生物質や胃薬、風邪薬との飲み合わせに注意!

クラリチンは、一部の医薬品と一緒に飲むと相互作用を起こすので注意しましょう。

飲み合わせに注意が必要な薬として、マクロライド系抗生物質のエリスロマイシンがあります。感染症の治療に用いられる抗菌薬で、細菌感染が原因で起こる呼吸器や皮膚などの炎症を治療するときにに使われます。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、食道炎などの治療に用いられるシメチジンも注意が必要です。シメチジンには、クラリチンと同じく抗ヒスタミン剤が含まれています。一部の風邪薬にも抗ヒスタミン剤が含まれています。

これらの薬を一緒に飲むと、ロラタジンの作用が強く効きすぎてしまい、重い副作用が起こる可能性があるのです。